SQUARE ENIXのFINAL FANTASY XI(FF11)の狩人での
ミミズを相手にしたソロプレイの攻略解説サイトです。
意外にミミズソロについて細かく書いているサイトが無かったので作ってみました。 『狩人をミミズのみでカンスト!』を目標に自称ミミズマイスターとして
日夜独りで得たミミズ攻略テクニックを解説していきます。
リンク、TBご自由にどうぞ。

■管理人より■
多忙につき、更新停止していました。大変申し訳ありません。
最近余裕が出来てきたのでぼちぼち記事UP&修正していきたいと思います。

●FF11狩人のミミズソロプレイ攻略コンテンツ●


■ミミズ狩人で知っておきたいこと
  ◆対ミミズ基本戦略
  ◆種族の差は?
  ◆装備について
  ◆適正距離について
  ◆食事について
  ◆サポートジョブの選択
  ◆なぜストンガが避けられない?
  ◆遠隔攻撃範囲外でバインド
■エリア別攻略
  ◆Lv1〜5 東西ロンフォール&南北グスタベルグ
  ◆Lv2〜5 龍王ランペールの墓
  ◆Lv5〜12 ラテーヌ高原
  ◆Lv5〜12 コンシュタット高地
  ◆Lv11〜16 龍王ランペールの墓2
  ◆Lv15〜21 シャクラミの地下迷宮

何故魔法が避けられない?

2007年11月04日

ミミズソロでは遠隔攻撃レンジのギリギリに立ち、
魔法を唱えてきたら即座に範囲外に逃げて魔法の発動を潰すという
ヒット&アウェイ戦法が基本になります。

レンジ外ギリギリに立つため、命中率が極端に落ちるというデメリットがありますが、
ミミズソロではストンガ等の魔法をいかに避けるかが生死を分けるカギになります。


そしてこの魔法避け、意外に判定がシビアです。
ドンピシャのタイミングで避けたはずなのに魔法が発動して「Why?!ナンデ!?」なんて事は日常茶飯事。
そのため、ヒット&アウェイがなかなか出来ずに挫折する人も少なくないと思います。


何故こんなにシビアなのか解説したいと思います。

まずは、敵の魔法範囲とプレイヤーの範囲攻撃の関係から解説します。
遠隔攻撃の範囲ライン
ヒット&アウェイ戦法では基本的にこのように遠隔攻撃のレンジ外ギリギリに立って攻撃します。


そして、こちらが遠隔攻撃をしているときのミミズの魔法範囲はこれ。
ミミズの魔法範囲
よく見ると、こちらの遠隔の範囲よりもミミズの魔法の方が範囲が広いのが分かります。



つまり、遠隔よりもミミズの魔法の方が範囲が広いのです。
安全圏
青で塗った部分がミミズの魔法範囲外の安全圏。ここまで逃げれば魔法が当たることはありません。
遠隔レンジのギリギリに立っていても安全圏までは数歩あり、
『ミミズは○○○○を唱えた』の詠唱ログが見えてから発動までの僅かな時間に安全圏まで避難する必要があります。


では、なぜ避けられる時とそうでないときがあるか。
この回避行動の明暗を分けるのは、
いかに遠隔攻撃のレンジギリギリの位置に立てているかになります。
ギリギリに位置に立てばかなりの確率で魔法を回避できます。

おそらく、遠隔攻撃範囲外に立ち、ちょっと進んで遠隔コマンド。まだ範囲外ならまたちょっと進んで遠隔コマンド…
という風にやることになると思われますが、

そのちょっと進んではちょっとではなく実は結構進んでます
そのことに気付かず、回避不可エリアまで踏み込んでしまっていたのが何故か魔法を避けられない真相です。


余談ですが…
ある程度慣れてくるとミミズの詠唱のタイミングが何となく分かるようになってくるので、
「そろそろ来るかな」と予測して回避行動に入ることも出来るようになります。
タイミングは一定ではないので予想が外れる事もありますがw
タグ:狩人 FF11
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64576344

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。